【贈り物にも】お歳暮に日本酒!贈ると喜ばれる5本を選んでみた。

はいどうも。日本酒大好き和食料理人のまるじです。

気づいたらお歳暮の時期みたいですね。恥ずかしながら僕はお歳暮って送ったり貰ったりした事がありません。

なのでまずはお歳暮について調べてみました。

そもそもお歳暮って何よ?

◆お歳暮の由来

お歳暮とは年の暮れのことを意味します。
「お歳暮」という慣習は、昔は、新年に先祖の霊を迎えるために必要なお供え物を、嫁いだり分家した人が本家や親元に持って行く行事でした。

最近は、お世話になった人に一年の感謝の気持ちを込めて年末に贈る、贈り物を指す言葉となったのです。
引用:http://www.hakuraidou.com/gift/manner.htm

ほうほう。年末のあいさつって事ね。

で?いつ送ればいいの?

◆お歳暮を贈る時期|お歳暮はいつごろ贈るの?

お歳暮を贈る時期は、地域や贈るものの内容によって若干の違いがあります。関東地方では12月初旬から12月31日、関西では12月13日から12月31日までとされています。正月用の生鮮食料品を贈る場合は遅めの方が親切ですが、受け取る側のこと考えると、暮れの忙しい時期に届くのは慌ただしいものです。できるなら20日くらいまでに先方へと到着することが好ましいかもしれません。年内に間に合わなかったら関東地方では1月7日の松の内までに、関西地方では15日までにお年賀として届くように贈りましょう。さらに遅れた場合は、松の内がすぎてから、2月4日の立春までに寒中お見舞いとして贈ります。
引用:https://enechange.jp/articles/oseibo-time

12月20日くらいまでがベストだけど、とりあえず年内に送れって事ね。

もし遅くなっちゃったら年賀にしろ!ってことね。

で?いくらくらいの物を贈るのが一般的なの?

◆お歳暮の品選び

特別に世話になっている人には5000円から1万円程度、仲人やお世話になっている上司には5000円前後、親戚、知人には3000から4000円程度が目安です。また、自分の年齢、贈る相手の年齢によっても多少金額が変わります。あまり金額にとらわれる必要はありませんが、相応の値段を目安に加味して考えるのがいいかもしれません。
引用:https://enechange.jp/articles/oseibo-time

なるほど。かしこまりました。

  • お世話になったあの人に。
  • 12月20日までに。
  • 3000円から10000円くらいの物を。

ってことね。

立派な大人の方はもう手配済みだとして。「やっべー!仕事が忙しすぎて送るの忘れてた!」とか「お歳暮なんて贈った事ないけどお歳暮デビューしてみようかな」なんて人はチェックしてみてください。

お歳暮に贈ると喜ばれる5本を紹介!

1本目!日高見 中取り純米大吟醸

すっきり上品なお酒の多い宮城県から日高見です。ほんときれいなお酒です。キリッと日本酒感もありながら嫌な苦味や渋みは皆無です。宮城県の海側に位置する蔵なので海産物との相性は抜群でしょう。牡蠣の土手煮とかなんかと合わせたら絶っっっ対美味しいもんなぁ。贈った相手に教えてあげてください。

2本目!澤屋まつもと Ultra 純米大吟醸酒

京都の澤屋まつもとです。表記がまた変わりましたね。カタカナの「ウルトラ」からひらがなの「うるとら」になって今年から英語で「Ultra」になりました。めちゃくちゃこだわり抜かれた食中酒です。派手さはないです。でも薄いわけではなく、旨味をしっかり残して造られているのでお肉の脂を流すのにも合うでしょうし、お寿司なんかの邪魔もしないでしょう。存在感がありながらもそっと食事に寄り添ってくれるそんな一本です。

3本目!福祝 特吟雫酒 斗瓶取り大吟醸

せっかく千葉県に住んでいるので千葉の有名なお酒を。僕が住んでいる富津市のお隣、君津市の藤平酒造さんの福祝。
まず名前が贈り物向きですよね(笑)ちゃんと名前負けしないお酒です。結構薫る華やかなタイプですが、そこまで余韻長くなくスッと消えてくれるので料理にも合わせやすいでしょう。年越しそばと合わせると年末年始感が格段にアップしますね。

4本目 勝山 䴇 -LEI-

たくさん種類のある勝山ですけど中でもこれは最近飲んで衝撃的すぎて笑っちゃった一本です。アルコール低めだし、日本酒が苦手な女性に是非とも飲んでもらいたい一本。裏ラベルにも書いてあるんですけど、まさに「マスクメロン」です。牛タンとかステーキなんかにも合うでしょうし、単体でデザート的にも美味しくいただけますよん。ボトルもやたらおしゃれだし。キリッと冷やしてワイングラスに注いで飲んでみて。温度が上がってきても面白い変化をするから楽しんでみてくださいな。

5本目 醸し人九平次 彼の地 純米大吟醸

「かもしびとくへいじ 彼の地(かのち) 」って読みます。彼の地って“皆様を遥か彼方へお連れしたい”っていう意味で名づけられたそうです。これはもうグレープフルーツ系の柑橘よりのシュッとした酸がめちゃくちゃ綺麗に出てます。洋食系の味の濃いものにも非常によく合うので、クリスマスパーティーに持って行ったりしてもオシャレ度がぐんとアップです。

お歳暮送ってない!?まだ間に合うぞ。いそいでポチっちゃえ!

お歳暮まだ間に合うから手配してない人はいますぐポチっちゃおう。相手がどういったものが好みなのか考えつつ、参考にしていただけたら嬉しいです。まぁクリスマス用でも年末年始の手土産用でも、お年賀でもいいじゃないか。相手や場面のことを考えて贈り物をするって気持ち良いよね。
美味しい日本酒を贈ったり、また自分で飲んでみたりしながら楽しい年末年始を迎えてくださいな!

読んでくれてありがとう。じゃあね!

良かったらシェアしてくだされ。